小学生向け プログラミング教室
仙台五橋校
仙台泉中央校

第4章「AI・ロボット」問題と「プログラミング思考」
2019年05月07日

(黄色のマークをクリックするとより詳しい注が読めます)

さらに最近になって私達の教育に対する認識を大きく変えざるを得ない問題が出てきました。それが「AI・ロボット」問題です。

2015年12、月オックスフォード大学 カール・ベネディクト・フレイとマイケル・A・オズボーン、野村総合研究所の共同研究結果が発表されました。

その発表によると
「2033年までに日本において会計事務員や配達員などの労働者49%が、人工知能やロボットに置き換えられる可能性が高い」
https://www.nri.com/-/media/Corporate/jp/Files/PDF/news/newsrelease/cc/2015/151202_1.pdf

ということなんだそうです。

つまりこの研究結果が現実のものになった場合、現在の労働者が行っている仕事の約半分が、人工知能やロボットに代替が可能ということになるわけです。

一方、医師や弁護士、教師、漫画家など創造性やコミュニケーション能力が必要な職業は、代替が難しいことも分かっています。

人工知能やロボット等による代替可能性が高い100種の職業(野村総合研究所HPより)
一般事務員 医療事務員 受付係 学校事務員 行政事務員 銀行窓口係 経理事務員 建設作業員 スーパー店員 電車運転士 ホテル客室係 CADオペレーター 路線バス運転者
人工知能やロボット等による代替可能性が低い100種の職業(野村総合研究所HPより)
グラフィックデザイナー ケアマネージャー  経営コンサルタント 芸能マネージャー 外科医 小学校教員 大学・短期大学教員 保育士 俳優  はり師・きゅう師  美容師 評論家  ファッションデザイナー フードコーディネーター テレビカメラマン

乱暴な言い方になりますが、これは創造性を発揮してAIをアシスタントに使う職業しか残らないということで、これからの世代はAIロボットに代替可能性が低いアートの要素を含む職業選択が必要ということになるのではないかと思います。

じゃあこれからの時代をになう子どもたちはいったいどうすればいいんでしょう。

それを実現するのが今回文部科学省も提唱している「プログラミング思考」なんです。

第5章に続く・・

最後までお読みくださりありがとうございます。

お子様の夢を叶えるプロスタキッズの体験教室のご紹介はこちらです。

体験教室