小学生向け プログラミング教室
仙台五橋校
仙台泉中央校

第8章 プログラミング教育の実態 海外事例と日本の教育現場の現状
2019年10月10日

ここで、海外のプログラミング教育の実態を見てみましょう。

最近ブレグジット問題で揺れているイギリスですが、プログラミング教育ではだいぶ先を行っている感じです。

小学校では2014年からすでに「コンピューティング」が必修科目になっていて、なんと4歳から遊びながらプログラミングの概念に触れ、11歳で実際にプログラムを作る段階的なカリキュラムが実行されています。

またBBCで開発された教育用のマイコンボード「マイクロビット」が11歳から12歳のすべての生徒に無償配布されています(マイクロビットは日本でも販売されており2000円で手に入れることができます)。

各国の実例を表にまとめてみました。

「世界第3位の経済大国の日本がITでは10位程度」というお話を第2章(https://www.programming-sendai.com/?p=326)で書きましたが、IT教育の分野でもだいぶ遅れを取ってしまっているようです。

   国 名  必修化時期         内   容
ハンガリー 2003年 アルゴリズムなど
ロシア 2009年 アルゴリズムなど
エストニア 2012年* 小学校1年生(義務ではない)
イギリス 2014年 アルゴリズム・プログラミング・デバック
オーストラリア 2015年 ビジュアルプログラミング
フィンランド 2016年 ビジュアルプログラミング
韓国 2016年 小学校で正規科目化
日本 2020年 ????

日本の内容が???となってますが、ごぞんじのとおり日本では2020年小学校での必修化が決まっています。

実際に日本の小学校でどのようにプログラミング教育がなされるかというと、「新学習指導要領」によると

「プログラミング的思考」は

・「既存の教科の中で実践」され
・具体的なカリキュラムは「各学校の判断で実施される」

ということです。

世界と比べると日本はまだまだ試験的な段階といえるかもしれません。

ですが今後は読み書きや計算と同じようにプロフグラミングも一般教養として必要になっていくでしょう。

ここで軽く日本の各省庁としてのプログラミング教育への取り組みにも触れておきましょう。

基本日本のIT立国への旗振りと総括役は総務省です。

そのなかで文部科学省によって2020年から「プログラミング的教育」が小学校で必修化されることになりましたが、現状では学校でプログラミングを教えることのできる人材が不足しているのが現状です。

そうでなくても学校の先生はオーバーワーク気味で、先生方も「これから勉強」というのが実際のところのようです。

実際の教育現場の声の事例はこちら参照ください
「もう、やってられない」 中教審で現場教師の本音訴え 教育新聞

そこで学校内での取組は文科省、そして総務省が学校外での取り組みをして、外部の力を使って克服を目指そう!ということのようなんです。

プログラミングの子供向け検定制度の充実なんかもこの流れが関係しているようですね。

サッカーで例えると

学校では体育の授業でサッカーに触れさせることで全校児童にサッカーの基本と興味をあたえ、本格的な技術取得はスポ少や、サッカークラブで、という感じでしょうか?

何れにせよプログラミングの本格的習得は「学校でやれば十分」という感じではなさそうですね。

最後にプログラミングを学んだ子供の視点の変化について

・日常生活での変化・・合理的思考が身につく

プログラミングを学ぶことでゴール(結果)から逆算する習慣が身につきますので「なぜ片付けをするのか」「なぜ歯磨きをするのか」合理的に納得して行動できるようになります。

・クリエーターとして・・意図的に創造的行動が取れる

「あるべき姿(ゴール)をイメージし、ゴールから逆算して手順を考え、順番に克服してゴールに辿り着く」というクリエーターが無意識のうちに行っている行動を意図的におこすことができるようになります。

・プログラマーとして・・課題を解決する側に

ゲームを遊ぶ側から作る(遊ばせる)側につまり「他人を幸せにし感謝される側に」立つことができます。

ここまで8章にわたって色々と書いてきましたが、私がお伝えしたかったことは、

「小学生のお子様がプログラミングを学ぶことは、そのお子様の将来によい影響を与える蓋然性が高い」

ということです。

「次にどんな夢を描けるか、それがいつも重要だ。」
–  スティーブ・ジョブズ Apple創業者

「夢を描ける」プロスタキッズは他のどんな習い事よりお子様の未来に直結します!

(宣伝!)

最後まで読んでいただきありがとうございました。